« 神の子池とオンネトー | トップページ | 顔は口ほどにものをいう? »

2006年2月26日 (日)

医学の進歩

初めての育児で、聞くこと見ること全てが目新しい。

私自身、健康体なので、あまり病院にお世話になることもなく暮らしている。感謝!

最近つくづく感じているのは、システマティックに、かゆいところに手が届く的な出産医療の体制。

ほかの病院のことは知らないが、今回お世話になった病院では、万全の体制で出産ができた気がする。私がする事は心配することと、喜ぶことぐらい。(^_^;)

古いデータだが、1900年には千人に155.0人の乳児死亡率が、1980年代には既に4.6人にまで低下しているそうだ。なるほど。日本人の平均寿命も伸びるわけですね。

トリノ君、君みたいに、一ヶ月も早く生まれてきても、全然大丈夫なんだよ。わかりましたか?

DSC02148 トリノ「・・・ ・・・」

   (解説:「???」(ちょっとビックリ?・感心?)

byパパ

|

« 神の子池とオンネトー | トップページ | 顔は口ほどにものをいう? »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166854/8838661

この記事へのトラックバック一覧です: 医学の進歩:

« 神の子池とオンネトー | トップページ | 顔は口ほどにものをいう? »