« ひどろしいと波小僧 | トップページ | 3ヶ月を迎えました。 »

2006年4月26日 (水)

興味・好奇心について

久しぶりに近くの市立図書館に行ってきました。

書籍は好きなのですが、借りるより買ってしまうたちなので、我が家には本があふれています。<(_ _)>

それを憂いてか、自らでなく、妻に連れられていったというのがただしいのですが・・・。

最近、制度が変わり一人で10冊もの本が一度に借りられるそうで、さらに30~40人の方々が来館していましたので、はじめの疑問として、棚にある書籍は果たして図書館にある書籍全体の何割程度なのだろうかと考えた次第です。

また、思った以上に多くのジャンルの書籍がありましたので、二つ目の疑問として、だれがどの判断で購入をしているのだろうかと?

まあ、そんな事を考えながら、特に借りるつもりもなく、全体をくまなく眺めてみました。

そこで、感慨にふけったのですが、この図書館の「全ての書籍」を借りることはもちろん、読むことはとてもできない。(当然ですが)

ですから、自らの意志で何らかの「選択」をして、借りるわけですが、それは「借りるという選択」だけではなく、「借りないという選択」もしているのだと、そんな当たり前の考えがふと浮かんで、なぜかさみしく感じた次第です。

つまり、これは自分では絶対借りない本といったジャンルが結構多くあったり、以前と比べて、好奇心をそそるジャンルが減ってしまったことが分かったからです。

たぶん、もっともっと若い時に同じ図書館にいったら、ここの総ての書籍を読んでやろう!と思ったかもしれません・・・。

つまり、知らずのうちに「借りないジャンル」という固定化をして、選択を続けてきてしまったんだなと気がついたのです。いかん。いかん。

さあ、また、気持ちを入れ替えて、勝手に思考を硬直化させないで、様々なジャンルに対して好奇心旺盛でいたいと思います。

|

« ひどろしいと波小僧 | トップページ | 3ヶ月を迎えました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166854/9778020

この記事へのトラックバック一覧です: 興味・好奇心について:

« ひどろしいと波小僧 | トップページ | 3ヶ月を迎えました。 »