« 恐るべしBIKE TRIAL | トップページ | ポジティブリスト制度? »

2006年6月 6日 (火)

WR400F初の林道・山登り

今年乗り始めたWR400Fで、初めての林道・山登りに行ってきました。

詳細レポートは「冷や水」ブログをごらん頂くとして、今回感じたことを書いてみます。

まだ一部残雪が残る山の林道は、いたるところにぬかるみがあり、林道も水を沢山含んでいます。

そんな状況で轍に沿ってマシンを登らせるのですが、慣れない最初のうちは、アクセルを開けるたびに後輪がスリップして、轍から何度もはずれ、マシンがあらぬ方向に向こうとするんですね。危ない危ない。(^^;)

格言:ギアは高め、加重はリア加重。

Dsc04222kakou さてさて、お次は砕石の林道。こちらも冬の間の凍上で砕石が浮いていて大変滑りやすいんですね~。 あとは草の上、日陰の水を含んだ腐植土とやっぱり滑るものばかり。

一番ビックリしたのは水を含んだ枯葉ですね。何てことのない坂道なんですが、タイヤが滑って前に進まないのなんの。

でも、今回は勉強しました。トルクのあるWR400Fだから、2速、3速当たり前。要所要所でクラッチ操作して、トルクを逃がしてやるんですね。さらに下りでは4速・5速で走ったほうがリズムがつかめました。(^^;)

Dsc04229 あと、スタンディング練習も効果があった感触です。小岩の間に前輪を通す際など、これまでよりスムーズに落ち着いていけた気がしています。

なんだかんだありましたが、「重い」「足がつかない」「キック&デコンプ」というハンデを背負いながら、みんなに助けてもらいなんとか完走しました。私としては、当初の予想以上に走れた満足なツーリングでした。

あとは、もう少し体力をつけること、足の付き方を工夫すること、バランスを養うことを心掛けます。

Dsc04224 まだまだ未熟で発展途上。WR400Fも心身を鍛えてくれる素敵なマシンです。マイナスイオンを吸いに、また山へおじゃまします。

追伸:ウインカー、メーター、その他、またまた修理が必要です。とほほ。

|

« 恐るべしBIKE TRIAL | トップページ | ポジティブリスト制度? »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

とろ火さん、初山お疲れ様でした。
初!としては、かなりハードなルートでしたね~。
でも、でも、まだアレ以上の最悪ルートもあるんですよ・・
きっと近々前Pさんが連れて行ってくれるでしょう。
前に私のブログで記載した例の「アタックコース」です。
なんか、地割れでいけるとかいけないとか・・・
楽しみにしていてください。
私は恐怖でガクガクです・・・・

投稿: ninjya | 2006年6月 6日 (火) 12時28分

ninjyaさんどうもです。
後半、かなりハードでしたね。時間的な焦りと、オーバーヒートもあって、苦労しました。
最悪ルートって、バイク転がすぐらいのところですね。
ブルブルガクガクです。

投稿: たびびと | 2006年6月 6日 (火) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166854/10409195

この記事へのトラックバック一覧です: WR400F初の林道・山登り:

« 恐るべしBIKE TRIAL | トップページ | ポジティブリスト制度? »