« 農業学習記3 | トップページ | WEB閲覧ソフト »

2006年7月20日 (木)

ユーザー車検(WR400F編)

今日はユーザー車検に行ってきました。オートバイのユーザー車検は今回が初めて。

インターネットで検索して、少し勉強してからチャレンジです。事前にインターネット予約をしておきました。

Dsc05174 事前準備は、「印鑑」の他に「車検証」「納税証明」「自賠責」。

(点検整備記録簿は、事後検査することに(^^;)。用紙は40円。あとから検査実施確認のハガキが届くそうです)

Dsc05161 8:30札幌運輸支局到着。既に中に入る事ができます。ユーザー車検は④窓口。

8:45受付ですが、少し早いので周りを見学していると、④窓口へ書類をクリップで留めて提出している方が多数。なるほど、急ぎの場合は事前に書類を入手しておくのがよいのですね。

Dsc05162 わたしは、8:45に④窓口に並び、書類3種を入手。入口付近の総合案内に案内され、重量税、手数料等の収入印紙を購入。印紙の貼付は窓口の女性がやってくれました。支払いは重量税5千円、手数料1400円、書類代40円の合計6440円。

その書類3種へ、必要事項を見本を見ながら記入し、再度④窓口へ。少しすると名前を呼ばれ書類を渡され、さて、検査場所へ!

Dsc05168 すでに沢山の方々がいます。

待っている間に「受験の心得」を読むのですが、頭に入りません。事前に見学しておいたら余裕ができるかも。でもぶっつけ本番でもなんとかなりました。

Dsc05165 写真の帽子をかぶった青いつなぎの方が検査官。若いですがとても親切でした。

はじめに、ライト、ウインカー、ホーン、前後ブレーキのチェック。そしてハンドル幅をチェックし、2つの指摘を受けました。

「リアポジションランプが片方切れてますね」「いや電球1ヶしかないです。片側によってるだけなんです・・・。」どうもセーフらしい。ふぅ。

「フロントウインカーの幅は25cm必要です。」「はぁ? わかりました。」 「×」その1です。

Dsc05184 Dsc05171 ←左が駄目なウインカー

←そして右が良いウインカーです。

一度家に戻って、付け直しました。(^^;)再検査で無事合格。

家が近くてよかった。

Dsc05167 次々行きます。次はラインでのスピードメーター検査。

私のメーターは自転車用の後付メーターです。速度表示にタイムラグがあり、不安でした。メーターが37km/hを示したときに、スイッチを離したところ、「○」。(心のなかでラッキー)です。

しかし、その後のフロントブレーキは良かったのですが、リアブレーキの検査で、機器操作がうまくできなくて「×」その2。これは2度目に付き添ってもらって無事合格です。ブレーキ検査失敗の原因は、前後ブレーキを一緒に掛けなかった事です。

そして、最大の難関はヘッドライト検査がやってきました。

そもそもWR400Fは「光量」不足で、「普通では」合格にならないというもっぱらの評判。

でもこの時点では、希望をもってチャレンジです。前の日の夜ガソリンスタンドで5m離れて光軸あわせをしておきました。

さて、「×」その3です。でも検査員の方がだいたいのずれている方向を教えてくれます。光軸を少しづつ直して、既に3回目の検査。

「光軸は大丈夫ですが、光量が足りませんね。あと2000カンデラですね。」「はっはあ?」

2000カンデラって?蝋燭2千本。だから???

一生懸命考えました。「そっそうだ!ヘッドライト点滅しているときの全てのライトを消そう!」ということで、ニュートラルランプ、ハイビーム確認ランプ、冷却ファンなどあらゆるものを消しました。

そして、さらに検査の際、エンジンをめちゃめちゃうるさいくらいあおって、チャレンジチャレンジ。

でも(>_<)。「あと1200カンデラですね。」「・・・」 その後アクセル開度を高くして数回チャレンジしましたが・・・。ここでお昼休みです。既に8回は検査しましたが・・・。(^^;)

家に戻って作戦会議。どうやって光量を上げるんだ?考えた作戦、その1「光量の高いバルブを買おう!」。作戦その2「ハイビームを電源ラインから直結しよう!」です。

Dsc05183 標準のバルブは65W。車検前に65Wの消費電力で135W相当の光量!というバルブを装着しましたが、今回はそれで×だったので、写真左の145W相当を購入。

2本セットで4980円(>_<) でも背に腹は代えられないし・・・。テスター屋にお金を払ったと思ってあきらめます。

そして電源ラインからスイッチをかませて、直接にハイビーム線へ電源供給線を接続。もしこれで駄目なら、今日はあきらめようと思い、腹ごしらえをして13:15に再度検査場へ。

午後受付の皆様で検査ラインは少し混んでました。最後尾に並んで、かなり慣れた動作でヘッドライト検査。

「×」「光軸がちょっと左にずれてます。光量は良さそうですが・・・」おおっぅいけるかも。あわててライトをたたき微調整。

再度チャレンジです。なんとあっけなく合格。「今回は光量十分でしたよ。22500カンデラありました。では5番窓口に持っていってください」 私は深々と御礼をして、通い慣れた検査ラインを離れました。

Dsc05175 あと2つ心配事だった「排ガス検査」と「ハンドルロック」ですが、対象外?だったらしく検査ありませんでした。

5番窓口に書類を出して待っていると、10分も経たないうちに名前を呼ばれ、車検証と検査シールが発行されました。

Dsc05182 13:40全ての手続きが終わり、帰路につきました。

結構苦戦をしましたが無事車検をとれて、満足な一日です。

よかった。よかった。

そうそう、これから、点検整備記録簿を製作します。

|

« 農業学習記3 | トップページ | WEB閲覧ソフト »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

お疲れした♪
これで山に行けますね!!

投稿: ぴょん吉 | 2006年7月20日 (木) 20時16分

ぴょん吉さん。どうもです。あと2年間は安心して、山遊びできますね。よろしくお願いします。

投稿: たびびと | 2006年7月20日 (木) 20時44分

やはり、250cc以上は大変ですね!

投稿: MSN-04 | 2006年7月20日 (木) 23時25分

なんかスゲー!僕には出来ない芸当だと悟りました。
いつか大型取ってアフリカツイン乗りになった時にはおねげーしますだ。

投稿: セロハス | 2006年7月21日 (金) 00時42分

MSN-04さん、セロハスさん。どうもです。
あっでも、普通のバイクはとても簡単だと思います。
発電容量が少ないWRが特別であって・・・。
負担も2年に一回6千円ですので、思ったよりは負担でないのでは。
ハーレーの方も数人来てました。
ユーザー車検はかなりの方が実施されているようです。

投稿: たびびと | 2006年7月21日 (金) 06時58分

おお、とうとう車検取ったんですね。
私もGPZ900Rはここ何年もユーザーでとってます。
いつも15分で終りです。はい。
(もっとも音量の対策の為に水道管スペシャルをサイレンサーに偲ばせますが・・)
さあ、これで晴れて夕張XCに参戦できますね!!
とろ火さん、参戦しますよ!!!!

投稿: ninjya | 2006年7月21日 (金) 14時04分

ninjyaさんお疲れ様です。そうですよね。何もなければ本当に15分ですね。
光量不足にはやられました。(>_<)
夕張XCですね。まずは見学して、それからロケットの練習して、参戦ですね!

投稿: たびびと | 2006年7月22日 (土) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166854/11031026

この記事へのトラックバック一覧です: ユーザー車検(WR400F編):

« 農業学習記3 | トップページ | WEB閲覧ソフト »