« スタンディング | トップページ | 巨大なトマト »

2006年8月28日 (月)

中国の観光事情

昨年の1月に用事があって中国に行ってきました。

一部観光の時間もあり、愛機のデジカメ、バイオU10で600枚ほどの写真を撮影したのですが、ある宴会でちょっと目を離した隙に、置き引きに遭いました。まさに、ものより、思い出、プライスレスです。(>_<)

さてさて、いろいろな思い出がありますが、思ったよりも自転車が少ないこと。まあ北京市内だったこともアルのでしょうが。

一方で、鉄道の利用者のおおいこと。北京の2ヶ所の駅を見学しましたが、札幌駅ぐらいの大きさのところに、だだっ広い待合室がいくつもあって、それが全て満室状態。

丁度正月前の時期だったというのもあったのでしょうが、沢山の荷物を抱えた旅行者でにぎわっていました。

そんな中国ですが、経済発展と共に、海外観光旅行者が爆発的に増えることが予想されています。

世界的な海外旅行者数は2004年が7億人→2020年が16億人、200兆円市場になると予測されている中、中国は、過去5年で2倍増の2000万人、2020年にはこれが1億人達するというのです。

ちなみに日本人の海外旅行者数は1600万人。既に中国の海外旅行者は日本を上回っています。

産業界では中国の「生産基地」と「マーケット」が重要視されてきましたが、これから観光でも観光客の「受入地」として、そして「旅行マーケット」としても大変大きなシェアを握ります。

一人当たりGDPが5000ドルを超えると海外旅行ブームになるということですが、中国はまだ1000ドル程度。もうしばらくで、そんな時代になるのでしょうね。

かつて、世界に旅立ちブランド品を買い占めた日本人に変わり、韓国の旅行者が増えたようですが、そのうち中国の皆様に席巻される可能性も高いわけですね。

|

« スタンディング | トップページ | 巨大なトマト »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166854/11653897

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の観光事情:

« スタンディング | トップページ | 巨大なトマト »