« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

今年一年ありがとうございます

ブログをはじめて初めての年越しです。

トリノ君の誕生した日から、休み休みですが何とか更新を続けてきました。

ご覧頂きました皆様、コメントや書き込みを頂きました皆様、誠にありがとうございます。

皆様、よいお年をお迎え下さいませ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

奇跡は常に起きている

あるメルマガで出会った内容です。

「生命の起源は、メタン、水素、水蒸気などが混じった原始地球の大気が、太陽の光や稲妻をうけてできたアミノ酸と考えられている。

たんなる物質であるアミノ酸から始まった生命が、数十億年という長い年月を経ることで、物理化学の世界を超えた存在になったということだ。

(中略)

そう考えると、生命が存在していること自体が奇跡といっていい。

(中略)

現在の社会は、1万年前の人間はおろか、100年前の人間でも想像できないような生活を可能にしている。

人間の力をはるかに超えることが可能になっている。

「どうして、映像をCDの中に保存することができるのか?」

「どうして、薬を飲むと熱が下がるのか?」

「どうして、地球の反対側に住む人と会話できるのか?」

多くの人が、どうしてできるのか、わからないような製品やサービスを当たり前のように利用しているのである。

人間は自分が理解できないような奇跡的なことにすら、カンタンに慣れてしまう。しかし、それでも、やはり、現在の生活は奇跡といってもいいだろう。

奇跡は、今、あたなのまわりで日常的に起こっているのである。」

その通りですよね。当たり前すぎて普段は考えないこと。

とても高度な営みが日々繰り返されているんです。

奇跡に感謝して、次の奇跡を創り出していく、そんな小さな力になりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

テスト&近況

Dsc07220_1

写真の「最大幅」設定テストです。

下の前歯が3mm、そして上の前歯少し出てきました。(^^)/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

研究不足でした。

Dsc07216_3   

なんてことでしょう。

写真を大きくブログに掲載する方法がありました。(汗)

Dsc07212

こういうブログを作ってみたかったんです。

すこし研究が足りませんでした。

なんとか2007年に間に合いました。(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

教育の語源

とある本を読んでいましたら「教育」に対応する言葉はドイツやアメリカにはないそうです。

Education=教育と訳されますが、本来は「啓育」、「開智」と訳すべきだったと著者は語っていました。

つまり、ないものを頭ごなしに教えるのではなく、もともと持っているものを見つけ、育てることがEducationの意味だそうです。

なるほど、素晴らしい語源です。この思想であれば個性が重視され、画一的な知識の押しつけにはならないと思います。

また、先生は総てを知っている必要はなく、導くこと、手助けをすることが主な役割なんですね。勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

東京都Co2 25%削減

今回も新聞記事から。

やはり東京都が発表するとインパクトがありますね。

1000ヘクタールの緑地造成、街路樹100万本、そして渋滞緩和などによりCo2を25%削減する計画です。

この計画はオリンピック誘致の政策の一環だということです。

詳細がわかりませんが、自治体などの政策、ビジョンは環境対策には不可欠ですね。

これが一企業、一家庭で「25%削減」としても非常に弱い。

自治体が掲げるビジョンは、非常にインパクトがあると感じます。

それと、札幌は緑が多い。でも意外に、東京都心も要所要所に昔からの緑が残っていて、都民がうまく親しんでいるというのが印象です。

札幌では、大通公園と北大キャンパスが憩いの場でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

新しい融雪の仕組み

Dsc07204 先日の新聞で見つけましたが、地熱と送風機を利用したロードヒーティングの実験が始まったようです。

これまでのように電気や灯油を用いず、送風機電力だけで融雪が可能で、ランニングコストも1~2割程度に削減されるそうです。

パイプを総延長70m張りめぐらせるそうですが、もう少し手軽に個人の家でもできると素晴らしいですね。

詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

Walking Tour

あるコミュニティで素敵なアニメーションのご紹介がありました。

感じ方は人それぞれでしょうが、じ~んときます。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

マインドマップという手法

先日たまたま「マインドマップ」という思考手法の講義に少しだけ参加した。

日本には15年前に入ってきたそうですが、わたしも2年前に類似の本をみたことがある。

印象的だったのは、講師の方の「Normal is not Natural」という言葉。

普段私たちが書いているノートやメモ。これは脳みそにとっては自然な作業ではないということ。

りんごと聴いて、私たちはノートに「りんご」「リンゴ」「林檎」と書くが、頭の中ではリンゴそのものの映像が描かれているはず。

そのリンゴをイメージのまま、紙に書くことがマインドマップの基本?らしい。

論理的な処理をせず、ありのままのイメージを記載してアイデアを展開していく手法。

公式な本は「ザ・マインドマップ」という本です。ご興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

週末はバイク人

私が再びバイク乗りに戻るきっかけとなったのがYAMAHAが発行の「週末はバイク人(びと)」という冊子です。

丁度10年前の1996年に発行の「キャンペーン」で寄せられた1,886名の論文作品集です。

久しぶりに本棚から取り出しました。

62才のおじいちゃんがバイクを手に入れて、奥様とタンデムをする話、

朝早くソロツーリングに出かけ、自分を取り戻す40代、

将来はバイクに乗るんだという夢を描いた10代、

そんな作品がちりばめられています。

バイクは生活の必需品ではないだけに、ライダーと一緒にそれぞれの人生観が共存している気がします。

自分も10年を振り返ると、とてもよかった感じます。

10年間バイクと生活ができたことを感謝します。

そして、あと30年はバイクと生活をしていきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

京都議定書を守れなかったら?

日経エコロジーに環境Q&Aの特集が掲載されていました。

一番興味を引いた質問がこれです。

Q.「京都議定書の約束を守れなかったらどうなるのか?」

う~ん。そういえばどうなるのでしょうか?

答え

規定上、超過分の1.3倍が次の削減目標に上積みされるが、ポスト京都の枠組みが変われば、ご破算になる可能性も。道義的責任の側面が強い。

う~ん。強制力は弱いのですね。

もう一つだけ借用させて頂きます。

Q. 「2006年度の国の温暖化対策予算はいくらか」

答え

国の歳出80兆円のうち温暖化対策予算は9,458億円(1.2%)

内訳として京都議定書の6%削減に直接効果がある投資がそのうちの4,537億円。

中期的に効果のあるものが1,209億円ということです。

以前、新聞で、「温暖化を抑制するお金を、温暖化によって生ずる災害の対策費にまわした方がよっぽどいいのは小学生でもわかる」といった発言をしていた教授がいました。

わたしはわかりませんので小学生以下かしら?今度じっくり知りたいところです。

さて、

国の予算ではODAが7,293億円で国民一人当たり6千円ぐらい。

札幌の除雪費は年間120億円として、市民負担が年間6千円ぐらい。

そして、この温暖化対策予算の9,458億円は一人当たり8千円弱。

さて、この予算は多い?少ない?

ただ、この予算規模で京都議定書の目標の達成はできないとおもいますが。

環境QAの詳細は、日経エコロジーをご覧下さい。

2007/1/13追伸

日経ビジネスでも解説が出てますのでURLを掲載します。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/eco/special/070112_ecoqa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

植樹だけではだめ

ある環境雑誌に掲載されていたC.W.ニコルさんのお話です。

日本の企業は「森を育てています」と宣伝するけど、植えっぱなし。

実際に森を育てるには4世代はかかるので、給料をもらって働く専門家が不可欠。

そのためには、間伐材の活用など、もっと森を利用し経済的に成り立つ関わりを考えて欲しい。

なるほど、ごもっともです。

昔は森の資源はあらゆるところで使われ、里山も維持できていたのですから。

植樹だけではなく、森との共生がこれからの課題だと感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

昔の味

今と昔を比較して、どちらの食べ物が美味しかったのでしょうか?

詳しいことはよくわかっていませんが、ハウス栽培した野菜より、旬をずらして栽培した野菜より、露地ものが美味しいし、昔ながらの野菜の方が味があるのは経験しています。

それともう一つ。

最近浄水器を購入したのですが、いままで全く気にならなかった水道の水が、味に相当の影響を与えている感じをもちました。

浄水器の水は、そのままでも美味しいのですが、コーヒーやご飯など、全てが美味しくなった気がします。

つまり、単純にはいえないにしても、塩素消毒されていない昔の水のほうが食べ物が美味しかったのではと思います。

事実はわかりません。

でも、食環境は今が最高だとはとても思えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

Google・Earthがさらに進化

家に居ながらにして世界旅行が楽しめる「衛星写真&地図提供のGoogle・Earth」がさらに進化するようです。

火星や月の画像、スペースシャトルの現在位置などを情報提供するそうです。

そのからくりはNASAとの提携

すごいやら恐ろしいやらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

好感の持てる梱包

SONY STYLEで商品を購入すると、写真のような梱包が届きます。

Dsc07197_1 写真ではわかりづらいかとおもいますが、まずブラックの箱。

SONYファンには少しググッときますが、それはどうでも良くて、なかの緩衝材です。

ふつう「ぷちぷち」のエアクッションや段ボールですが、ここのはちょっと厚い紙。

これ、なかなかの優れもの。処分するときに、綺麗にたためば、全くかさばらないのです。

なにか、精神衛生上とっても気分がいいんです。

まだ他では見たことがありません。

なかなかやるなSONY。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

じゃあどうなるの

国際エネルギー機関が2030年の世界エネルギー需要は現在より53%増加と公表しています。

同時にCo2も52%増加する予測だそうです。

先日のブログでは温暖化により34年後には北極の氷が消滅するというニュースを取り上げましたが、このほかにも人口増加によるエネルギー不足、食糧不足、水不足も懸念があります。

それぞれ、トータルでみて「じゃあどうなるの」ですね。

もともと非資源国である日本は、将来にわたってエネルギー、食料、水を購入し続けることができるのでしょうか?

また、温暖化で気候はどうなっているのでしょうか。

遠くない未来。個別の予測だけでなく、トータルでどんな生活になるのか、やさしく教えて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

チョロQ

先日東急ハンズにエコグッツを買いに行きました。

それは風呂敷バック。風呂敷とバックがセットになった、風呂敷のようなバックです。

それはさておき、私の目にとまったものがありました。それが「チョロQ」です。

値段が1,000円ちょっと。うん?ちょっと高いなあ・・・。そう思って手に取るとなんと、ラジコンなんです。

ご存じでしたか?

赤外線でコントロールができるし、さらに一部携帯電話でも操縦が可能。\(゚o゚;)/ウヒャー

タカラトミーさん、やりますね。拍手です。

赤外線コントロールチョロQ キューステア

「MOVIE」も是非ごらんください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

北極の氷が34年後に消滅

ちょっとショッキングな新聞記事が昨日ありました。

【「北極の氷 34年後消滅」温室効果ガス排出続けば】

アメリカの地球物理学連合の学会誌「地球物理学研究レター」の発表だそうです。

スーパーコンピューターを用いた試算だそうですが、2040年は果たしてどんな地球になってしまうのでしょう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

イルミネーション

Dsc07191札幌大通のイルミネーションです。

今年は駅前通の樹木が地下通路工事のため撤去されたので、少し寂しいですが、大通はなかなか素敵です。

観光客の皆様は、口々にきれいとつぶやいています。

Dsc07194 札幌の方々もなかなかこれだけを目的にはいらっしゃらないのでしょうね。

私も通勤途中だから行ってみたのですが、確かにきれいです。

一番のお気に入りは次の写真。

Dsc07193 しまった(>_<)

全景を撮ってないので、よくわからないですね。

普通のイルミネーションですが、昔は無かった青と白のLEDですね。

きれいですよね。

最後にカラフルなものを一枚。

Dsc07195 う~ん。美しい。

お近くの皆様、是非ご覧下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

雪の統計

札幌はもう根雪でしょうか。

ふと、根雪の統計を知りたいと思い、ネット検索して、エクセルでデータ編集をしてみました。

  要素 初冠雪
(手稲山 )
長期
積雪
札 幌 2004寒候年
(2003年秋~2004年春)
初日 11月8日 10月14日 12月6日
終日 4月25日   3月29日
札 幌 2005寒候年
(2004年秋~2005年春)
初日 10月26日 10月23日 12月5日
終日 4月24日   4月15日
札 幌 2006寒候年
(2005年秋~2006年春)
初日 11月9日 10月30日 12月8日
終日 4月18日   4月10日
札 幌 2007寒候年
(2006年秋~2007年春)
初日 11月12日 10月23日  
終日      

平年

ヘイネン

初日 10月27日 10月16日 12月3日
終日 4月19日   4月3日

ふむふむ。平年の根雪(長期積雪)は12月3日。ほぼ例年通りになりそうですね。

それに手稲山以外の初雪は11月12日と結構遅かったんですね。

感覚では、早い遅いはあれど、毎年帳尻を合わせて同じ量が積もる気がします。

そうか、積雪量のデータも欲しいですね。また今度探してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の富

「世界がもし100人の村だったら」という本を以前読んだことがあります。

かなり有名な本なので、お読みになった方は大勢いらっしゃると思いますが。

この本にもあった世界の富の保有について、先日、国連研究機関が発表していましたね。

CNNニュースではこのように報道しています。

「世界の「富」の約85%を、世界の成人人口のうち、たった2%が保有しているという全世界的な格差が、国連大学の研究機関の調査報告で明らかになった。裕福な成人の1%が富の40%を手にする一方で、人口の約半数が富の1%を分け合っている実態が浮かび上がっている。 」

100人に換算すると、1人で世界の富の40%を保有。2人で85%を保有。

その一方で50人が1%の富をわけあっているということです。

この上位のトップはアメリカ、その次が日本が保有しているそうです。

さて、たまたま日本に生まれた私たちは、先人の努力で恵まれた生活を享受しています。

その一方、生まれながらに貧しい生活をおくっている人々が世界人口の半分以上を占めているといえるのでしょうか。とても複雑な心境です。

裕福なことは決して悪いことではないのでしょう。

ただ、その裕福さをしっかり理解し、世界に貢献する行動に移せることが、本当の豊かさなんだと思います。

自分にできること、考えてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

今日で10ヶ月

Dsc07137 確実に成長を遂げているトリノ君。

今日が10ヶ月目です。

離乳食も沢山食べるようになりました。同様に部屋にある紙類も・・・。

Dsc07167 外へ出るのも大好きなのですが、寒い季節、親ばかなのか、どうしても着ぶくれになってしまいます。

沢山着るとなぜか大人しくなるトリノ君です。

親の変化として、トリノ君の撮影枚数も大夫減ったように思います。

Dsc07176 でも、後から振り返って懐かしむためにも、この一瞬を撮っておきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

雪景色

Dsc07158 先日、紅葉をとった近くの公園です。

すっかり、白い雪が積もりました。

夏の緑、秋の黄色に紅、そして冬の白。春の色は新緑でしょうか。

Dsc07159 北海道は四季がはっきりしているとよく言われます。

確かに、この公園一つとっても、四季はともかく色彩はみごとに変わります。

雪は北海道の宝ですから、雪と共生し、利用していく生活をしていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

駅前通の樹木

Dsc07030 札幌駅前通の写真です。

いつもならイルミネーションをつけた樹木が空を隠しているのですが。

地下道の整理に向けて、中央分離帯の樹木が撤去されました。

Dsc07031 すると、びっくりするぐらいの開放感があるんです。

空が広い!

相当大きな樹木達だったのですね~。

私は樹木が大好きです。でも、写真のように広い空もいいな~と率直に思いました。

でも、以前ほどは必要はないと思いますが、多少の街路樹は欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

ストライク

Dsc07160 学研からVOL1として、写真のカタログが送られてきた。

科学とおもちゃの学研です。

 これ、おもしろおもちゃの販売カタログなのですが、私にはストライクなものが沢山有ります。

Dsc07161 スターリングエンジンの精巧なモデルがあったり、

Dsc07162 ダビンチのスケッチを元にした羽ばたき機や、

Dsc07163 木製の振り子式時計などなど、、、

やばいです。欲しいものばかりです。

問題は、価格も相当いいお値段(>_<)

はあっ まだ、ボーナスはもらっていないのに・・・。

いつまで経っても物欲との戦いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごいの一言です。

先日の新聞で読んだ内容ですが、直腸ガンを克服し、ガン撲滅運動のために、毎日42km、5ヶ月で6600km走って日本一周を達成した方がいらっしゃるという内容です。

船渡さんとおっしゃる方で、公式ブログもあります。

以前、車で北海道一周2400kmにチャレンジしたことがありますが、日本一周ですよ。

しかも走って・・・。凄い、すばらしい、考えられない。毎日42km走ってしまうなんて。

人間ってやればできるですね。限界って高いのですね。

ただ、想像もできない距離ですが、まずは最初の1mを勇気を持ってスタートを切れるかどうかなんでしょうね。

船渡さん、ありがとうございます。勇気を頂きました。

そして、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

コンサート

行ってきました。

ビリー・ジョエルコンサートin札幌ドーム。

高校生時代から聴いていた歌を、まさか生で聴けるとは・・・。

幸せでした。

ビリー・ジョエル氏もさすがに年をとってましたが、声は全然変わらない。

何よりもサービス旺盛でとっても楽しく、感動のコンサートでした。最高です。

ビリー・ジョエルの若いときのイメージは映画俳優ではスタローンを思い浮かべますが、今日のビリーは、トム・ハンクス似でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

ほんとにバカ親です。

近くにある写真スタジオに行ってきました。

Dsc07098 今回の目的はクリスマス写真。前回のキャンペーンで割引チケットをもらったから?って、結局余分に払っているじゃない?って感じです。

でも、まあプロはスゴイ。セットもスゴイ。だから高いけど、いい写真が撮れますね。

その後から、自分のデジカメで撮影して経費節減(^^;)

Dsc07110kakou いつも以上に良い写真が撮れました。

ちなみに一緒に写っているペンギンは持ち込み。

某演歌歌手にちなんで「よしみ」と呼んでます。

Dsc07100 そして今回は初の試練が待っていました。

なんと、手慣れたカメラマンが術をつくしても「笑わない」のです。

昼寝不足だったこともあるのですが・・・。

Dsc07094kakou ずっと、左の写真のように無表情状態。

結局、くすぐって何とか笑顔をゲットしました。つかれたなあ。

トリノ君もお疲れ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

「続ける」技術

先日「続ける」技術という書籍に出会って買ってみました。(本ブログの左下「気になる本」にも掲載)

行動科学の視点から、誰でも楽しく「継続」できる秘訣が易しく書かれています。

私の解説だと難しく感じられるかも(^^;)

まず、継続しようとする事柄が、

「不足行動(新たに追加する事柄:ブログの更新だとか)」なのか「過剰行動(減らすべき事柄:たばこをやめるだとか)」を明確にし、(これらを★ターゲット行動というそうです)

「不足行動」には、必ず「★ライバル行動(テレビを見る、晩酌をする:無意識に簡単にできる)」があるので、それらをコントロールしないとだめ。

一方の「過剰行動」は、習慣化されたものを減らす行動で、たばこを近くにおかないだとかといった、環境整理、ハードルを高くするなどのコントロールが必要。

と、簡単に説明できません。

で、、、私の問題は、、、その継続したい目標が沢山ありすぎて・・・。

まずはそこから整理しないとだめですね。(^^;)

ちなみにブログの毎日更新は、お許し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »