« テスト&近況 | トップページ | 今年一年ありがとうございます »

2006年12月31日 (日)

奇跡は常に起きている

あるメルマガで出会った内容です。

「生命の起源は、メタン、水素、水蒸気などが混じった原始地球の大気が、太陽の光や稲妻をうけてできたアミノ酸と考えられている。

たんなる物質であるアミノ酸から始まった生命が、数十億年という長い年月を経ることで、物理化学の世界を超えた存在になったということだ。

(中略)

そう考えると、生命が存在していること自体が奇跡といっていい。

(中略)

現在の社会は、1万年前の人間はおろか、100年前の人間でも想像できないような生活を可能にしている。

人間の力をはるかに超えることが可能になっている。

「どうして、映像をCDの中に保存することができるのか?」

「どうして、薬を飲むと熱が下がるのか?」

「どうして、地球の反対側に住む人と会話できるのか?」

多くの人が、どうしてできるのか、わからないような製品やサービスを当たり前のように利用しているのである。

人間は自分が理解できないような奇跡的なことにすら、カンタンに慣れてしまう。しかし、それでも、やはり、現在の生活は奇跡といってもいいだろう。

奇跡は、今、あたなのまわりで日常的に起こっているのである。」

その通りですよね。当たり前すぎて普段は考えないこと。

とても高度な営みが日々繰り返されているんです。

奇跡に感謝して、次の奇跡を創り出していく、そんな小さな力になりたいです。

|

« テスト&近況 | トップページ | 今年一年ありがとうございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166854/13261671

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡は常に起きている:

« テスト&近況 | トップページ | 今年一年ありがとうございます »