« 今日で10ヶ月 | トップページ | 雪の統計 »

2006年12月12日 (火)

世界の富

「世界がもし100人の村だったら」という本を以前読んだことがあります。

かなり有名な本なので、お読みになった方は大勢いらっしゃると思いますが。

この本にもあった世界の富の保有について、先日、国連研究機関が発表していましたね。

CNNニュースではこのように報道しています。

「世界の「富」の約85%を、世界の成人人口のうち、たった2%が保有しているという全世界的な格差が、国連大学の研究機関の調査報告で明らかになった。裕福な成人の1%が富の40%を手にする一方で、人口の約半数が富の1%を分け合っている実態が浮かび上がっている。 」

100人に換算すると、1人で世界の富の40%を保有。2人で85%を保有。

その一方で50人が1%の富をわけあっているということです。

この上位のトップはアメリカ、その次が日本が保有しているそうです。

さて、たまたま日本に生まれた私たちは、先人の努力で恵まれた生活を享受しています。

その一方、生まれながらに貧しい生活をおくっている人々が世界人口の半分以上を占めているといえるのでしょうか。とても複雑な心境です。

裕福なことは決して悪いことではないのでしょう。

ただ、その裕福さをしっかり理解し、世界に貢献する行動に移せることが、本当の豊かさなんだと思います。

自分にできること、考えてみたいと思います。

|

« 今日で10ヶ月 | トップページ | 雪の統計 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166854/13014583

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の富:

« 今日で10ヶ月 | トップページ | 雪の統計 »