« 昔の味 | トップページ | 京都議定書を守れなかったら? »

2006年12月22日 (金)

植樹だけではだめ

ある環境雑誌に掲載されていたC.W.ニコルさんのお話です。

日本の企業は「森を育てています」と宣伝するけど、植えっぱなし。

実際に森を育てるには4世代はかかるので、給料をもらって働く専門家が不可欠。

そのためには、間伐材の活用など、もっと森を利用し経済的に成り立つ関わりを考えて欲しい。

なるほど、ごもっともです。

昔は森の資源はあらゆるところで使われ、里山も維持できていたのですから。

植樹だけではなく、森との共生がこれからの課題だと感じます。

|

« 昔の味 | トップページ | 京都議定書を守れなかったら? »

自然・ECO」カテゴリの記事

コメント

「たびびと」さん、こんばんは。

私は02年12月からのアファン会員です。

現在は「東大千葉演習林」のボランティア会員でもあります。

昨年、会員の一人が「東大富良野演習林」を訪問しています。

白神山地、屋久島と並んで、是非行ってみたい森のひとつです。

投稿: のんきなオジサン | 2007年2月 4日 (日) 00時42分

のんきなオジサンさま。ようこそ。
素敵なニックネームですね。思わずほほえんでしまいます。

白神山地、屋久島は私もいってみました。大変素敵なところですね。

富良野演習林が一番近いのですが訪れていません。
こんど是非チャレンジしたいと思います。

投稿: たびびと | 2007年2月 4日 (日) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166854/13162256

この記事へのトラックバック一覧です: 植樹だけではだめ:

« 昔の味 | トップページ | 京都議定書を守れなかったら? »