« ユニークなブログ「コトバエ」 | トップページ | いよいよ封切り「不都合な真実」 »

2007年1月19日 (金)

生物界の一大事

最近じっくりと生物を観察したことがありません。

旭山動物園の動物ぐらいかな。

ちょっと前に公表されていましたが、地球環境白書では、絶滅種の死滅速度が環境の悪化により、自然消滅の100倍になっているようです。http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070104/wdi070104007.htm

過去20年で40%の野生生物が死滅したという情報も新聞あります。

そして今、日本の両生類に危機が迫っています。

それは「カエルツボカビ症」といって、両生類の致死率が90%と非常に危険な病気が日本で発見されました。

詳しくは以下のサイトで。

緊急事態宣言で、国民へのメッセージを転記します。

国民の皆様へ

 地球規模で両生類が絶滅の危機にあることを理解し、むやみに野生の両生類をペットとして飼育することは慎んでください。なお、ツボカビは、両生類以外には、人を含めた哺乳類、鳥類、爬虫類および魚類には感染したという報告はありませんので安心してください。
 すでに飼育している場合、飼育中の個体に異変があれば、すみやかに動物病院や専門の研究機関へ連絡をしてください。ツボカビは、水中を浮遊するため、水の管理が最も重要です。死亡したカエルを飼育していた水槽や水は感染源となります。これらの汚水などを排水口や野外に排水することは、禁物です。当然のことですが、飼育している個体を野外に放つことや死亡した個体を野外に投棄することは絶対にやめてください。飼育中の個体に異変があった場合には、野外の両生類との接触を避けてください。
---------------

「カエルツボカビ症が国内で初確認」
2007年1月12日

http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/news/2007/20070112.htm
海外でカエルなどの激減・絶滅を引き起こしていると考えられている「カエルツボカビ症」が、日本でも確認されました。現在のところ、野外での発症は確認されていませんが、今後、野生の両生類にこの病気が広がった場合、日本の自然環境や農林業は、深刻な影響を受ける可能性があります。

カエルツボカビ症侵入緊急事態宣言http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/biodiv/alien/chyt2007/emgc20070113.htm

|

« ユニークなブログ「コトバエ」 | トップページ | いよいよ封切り「不都合な真実」 »

自然・ECO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166854/13555865

この記事へのトラックバック一覧です: 生物界の一大事:

« ユニークなブログ「コトバエ」 | トップページ | いよいよ封切り「不都合な真実」 »