« 部屋の温度差 | トップページ | エビスマイル »

2007年1月 9日 (火)

おいしい野菜

こんな記事を見つけました。

・ ・ ・

「おいしい無農薬野菜 東海大と研究グループが開発」
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200612260236.html

東海大学と環境関連企業などの研究グループが、光や温度を管理した「植物工場」を活用し、完全無農薬の有機栽培で、ビタミンや糖分が豊富な野菜をつくりだした。

(省略)

・ ・ ・

さてさて、どう考えますか。

これまでの農業や植物工場の主流は、「効率」を重視して「味・栄養」は二の次だったのだと思います。

なぜなら、旬をはずれたもの、味が薄い野菜がこんなに流通しているから。

そのなかでこのニュースは味を重視したことで、「ニュース」になったのだとおもいます。

その意味では大変素晴らしいことでしょう。

ただ、「植物工場」というのが引っかかります。LEDで光を制御した栽培方法です。

今後、安定的な野菜生産をするには不可欠な技術だと思います。でも自然からかけ離れていくのが気になります。

しかし、いま作られている野菜はほとんどが品種改良を重ね、野生種からほど遠いものになってしまっていますから、そうはいっても今更ってかんじなのでしょうか。

既においしい「工場野菜」を知らず知らずのうちに口にしているかもしれません。

そんな時代ですが、「本当の味」を求める姿勢は忘れないでいたい気がします。

|

« 部屋の温度差 | トップページ | エビスマイル »

自然・ECO」カテゴリの記事

コメント

食料危機のための効率ではなくて、あくまで経済のための効率化ですからね。
しかし、工場で野菜が生産されるようになる時代なのですね。
今後、自然の摂理から、大きく離れた食料を取り続ける私達にはどのような弊害が発生していくのでしょうか。
それを考えると恐ろしくなります。

投稿: ninjya | 2007年1月10日 (水) 09時58分

ninjyaさん。
「自然の摂理から離れた」おっしゃるとおりですね。
すでに私たちの食べ物もコンビニ化、インスタント化してますので手遅れかも知れませんが、よいもの、本物を見失わない努力をしたいですね。

投稿: たびびと | 2007年1月10日 (水) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166854/13385397

この記事へのトラックバック一覧です: おいしい野菜:

« 部屋の温度差 | トップページ | エビスマイル »