自然・ECO

2007年2月28日 (水)

レジ袋の話

職場の近くによく買いものをするコンビニがあります。

当初から、そこのサービスの一つに「おしぼり」と「レジ袋」があります。

飲み物とおにぎりを購入すると、「あたたかいもの」・「冷たいもの」で分けてレジ袋に入れるというのがマニュアルなのでしょうね。

ペットボトルの飲料を購入しても、レジ袋。

でも、レジ袋削減の流れですから、わたし的には「一緒にいれてください」・「袋いりません」といつもいってました。(本当はマイバックを利用すべきなのでしょうが)

そんなこんなで、3ヶ月ぐらい言い続けたのですが、最近「袋はご一緒でよろしいですか!」と聞いてくるようになりました。

よかった。素晴らしいですね。

環境感度が高い店長さんですね。拍手です。

次は「おしぼりいりません」運動をしようか、しまいか・・・。

うちのトリノ君が口から食べ物を落とさなければ、直ぐにでも(^^;)

◇ ◇ ◇

と、いうのが昨日。

先ほど、このコンビニに行ったところ、「おしぼりお使いになりますか?」と聞かれ、ドキッっと、しました。

ブログが読まれている?(まだ予約中で、アップ前でした)と、驚きつつも「いっいりません」と断ってきました。

◇ ◇ ◇

いままで、おまけで付けていたおしぼり。

人によっては、付けないことが「おまけ」になるのです。

マーケティングって奥が深い、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

Co2で走る車ですって。

本日の新聞記事などに紹介されていましたが、Co2で走る車の開発を2025年に目指そうという動きがあるんですね。

エポックメイキングな取組です。

つまり光合成をして、そこからはどうするのでしょうか(^^;)

糖を分解してエタノールにしてそれを燃料にするのでしょうか?

とにかく、実現したら凄いことです。

温暖化の抑制に大きく寄与するものだと思います。

詳しくは、兄弟ブログにて

■北海道の開拓魂2.0
 http://funstyle.way-nifty.com/frontier/2007/02/co2_1856.html

少し心配なことは、人工的に光合成ができると、これまで植物が担ってきた役割を人工的にできることになるのでしょうか?

サトウキビや甜菜から砂糖を作っていたものが、人工でつくられる。でも既に人工甘味料ってありますね。

よくわかりません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

道庁ロビーにて

道庁のロビーで発見が2つありました。

Dsc07432_1

一つはペレットストーブの展示。

ロビー北側の一角で環境の取組紹介コーナーがあり、その隣にペレットストーブが置いてありました。

おがくずなどを固めて作った燃料を使用するストーブですね。

薪ストーブの発展版といったところでしょうか。

もう一つ、環境と全く関係ありませんが、エゾシカを発見しました(^^;)

Dsc07439

弓矢で左下から狙われています。

昔から生活に欠かせない食料でもあったわけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

エコワットの新型

Ecowat1

エコワットご存じですか。

コンセントにさして、電化製品のプラグを入れるだけ。

接続中の時間、電気料、電力量を計るものです。

例えば「このパソコン」どの位電器を消費しているの?

その際に、このエコワットを一定時間接続すると解るわけです。

最近、エコワットの新型が開発されたそうで、Co2の排出量も解るそうです。

2600円前後のお買いもの、いかがでしょうか?

我が家は旧型のが一台あります。

電気だけでなく、ガスやガソリンでもこんなに手軽にCo2がわかればいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

「不都合な真実」

不都合な真実を見てきました。

そのレポートは兄弟ブログ
北海道の開拓魂2.0」にて、紹介しております。

手抜きをして申し訳ございません。(^^;)m(_ _)m

是非、ご覧下さい。

234x60_1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

いよいよ封切り「不都合な真実」

以前からブログでご紹介の「不都合な真実」。
http://www.futsugou.jp/

234x60

いよいよ本日から上映が開始されます。

先日、試写会をご覧になった方と話す機会がありました。
もともと環境関係のお仕事をなさっている方で、

「とても科学的で、よい映画でした」とおっしゃってました。

また、
「これまで環境問題などに興味がない方でも十分理解できる内容です」
と、絶賛をされてました。

明日はかなりの混雑が予想されますので、頃合いを見計らっていくつもりです。

各種のメディアで、北極の氷が溶ける、平均気温が2℃上昇、、、など、ここの予想はいろいろありますが、それらの事象がトータルで地球に及ぼす影響をビジュアルで知りたいと思っていましたので、この映画はまさしく期待していたものになりそうです。

楽しみ!というのはおかしいかもしれません。怖い未来を垣間見てきます。

もしかしたら、次回大統領はゴア氏かもしれません。

来日したアル・ゴア氏
http://www.janjan.jp/culture/0701/0701168171/1.php

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007011400014&genre=H1&area=K10

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月19日 (金)

生物界の一大事

最近じっくりと生物を観察したことがありません。

旭山動物園の動物ぐらいかな。

ちょっと前に公表されていましたが、地球環境白書では、絶滅種の死滅速度が環境の悪化により、自然消滅の100倍になっているようです。http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070104/wdi070104007.htm

過去20年で40%の野生生物が死滅したという情報も新聞あります。

そして今、日本の両生類に危機が迫っています。

それは「カエルツボカビ症」といって、両生類の致死率が90%と非常に危険な病気が日本で発見されました。

詳しくは以下のサイトで。

緊急事態宣言で、国民へのメッセージを転記します。

国民の皆様へ

 地球規模で両生類が絶滅の危機にあることを理解し、むやみに野生の両生類をペットとして飼育することは慎んでください。なお、ツボカビは、両生類以外には、人を含めた哺乳類、鳥類、爬虫類および魚類には感染したという報告はありませんので安心してください。
 すでに飼育している場合、飼育中の個体に異変があれば、すみやかに動物病院や専門の研究機関へ連絡をしてください。ツボカビは、水中を浮遊するため、水の管理が最も重要です。死亡したカエルを飼育していた水槽や水は感染源となります。これらの汚水などを排水口や野外に排水することは、禁物です。当然のことですが、飼育している個体を野外に放つことや死亡した個体を野外に投棄することは絶対にやめてください。飼育中の個体に異変があった場合には、野外の両生類との接触を避けてください。
---------------

「カエルツボカビ症が国内で初確認」
2007年1月12日

http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/news/2007/20070112.htm
海外でカエルなどの激減・絶滅を引き起こしていると考えられている「カエルツボカビ症」が、日本でも確認されました。現在のところ、野外での発症は確認されていませんが、今後、野生の両生類にこの病気が広がった場合、日本の自然環境や農林業は、深刻な影響を受ける可能性があります。

カエルツボカビ症侵入緊急事態宣言http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/biodiv/alien/chyt2007/emgc20070113.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

おいしい野菜

こんな記事を見つけました。

・ ・ ・

「おいしい無農薬野菜 東海大と研究グループが開発」
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200612260236.html

東海大学と環境関連企業などの研究グループが、光や温度を管理した「植物工場」を活用し、完全無農薬の有機栽培で、ビタミンや糖分が豊富な野菜をつくりだした。

(省略)

・ ・ ・

さてさて、どう考えますか。

これまでの農業や植物工場の主流は、「効率」を重視して「味・栄養」は二の次だったのだと思います。

なぜなら、旬をはずれたもの、味が薄い野菜がこんなに流通しているから。

そのなかでこのニュースは味を重視したことで、「ニュース」になったのだとおもいます。

その意味では大変素晴らしいことでしょう。

ただ、「植物工場」というのが引っかかります。LEDで光を制御した栽培方法です。

今後、安定的な野菜生産をするには不可欠な技術だと思います。でも自然からかけ離れていくのが気になります。

しかし、いま作られている野菜はほとんどが品種改良を重ね、野生種からほど遠いものになってしまっていますから、そうはいっても今更ってかんじなのでしょうか。

既においしい「工場野菜」を知らず知らずのうちに口にしているかもしれません。

そんな時代ですが、「本当の味」を求める姿勢は忘れないでいたい気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

部屋の温度差

我が家の12畳のリビングにFFストーブが置いてあり、これで家全体の暖房をまかなっています。

先日ホームセンターを歩いていると「サーキュレーター」なるものが目立ちました。

Photo_3

部屋の空気を対流させるという代物ですが、扇風機の数倍効率がいいのだとか。

そこで、我が家のリビングの天井(2mちょっと)近くと1mぐらいの高さのところで温度を比較してみました。

ビックリしたのですが、最大で5℃近く温度差があるのですね。

我が家の扇風機を回したところ、30分以上かかりましたが均一の温度になりました。

扇風機を回している間は、ストーブの温度を1℃程度下げても同じ温度になる感じがしています。

サーキュレーター・・・これは買い。かも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

映画「不都合な真実」その2

以前のブログで掲載しました「不都合な真実」が札幌でも公開です。

以前のブログ:http://funstyle.way-nifty.com/tourist/2006/09/post_1250.html

1月20日から「スガイシネプレックス札幌劇場」にて。

映画の内容を盲信することは危険だと思いますが、私たちが知らない今後の環境破壊の影響を科学的に表現したもので、一見の価値ありですね。

予告編はこちら:http://www.futsugou.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧