道具Tool

2007年1月12日 (金)

500円玉貯金

500円玉貯金を続けているのですが、こんなものを知りました。

「人生銀行」http://www.takaratomy.co.jp/products/jinsei-ginko/index.html

貯金箱なのですが、ネーミングが面白いですね。

さらにこのホームページも秀逸です。

で、お値段はそこそこ高くて約5千円!

500円を入れるたびに貯金箱の主人公の生活が変化していくそうです。

ちょっと、これ、ほしー・・・

(貯金をはたいて買ってもいいのでしょうか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

ランプ その2

前回に引き続き2回目のランプ記事です。

こちらネットで拝見したランプです。真鍮の色と白色ガラスそして形状がとてもいい雰囲気です。

980865 どこのランプだとか、全くわかりません。

続いてこちら。

C001 ランプというよりは、ストーブが正しいのかもしれません。

ニッセンの石油ストーブで、現在も販売しているものです。

我が家では、もったいないのですが車庫で使用しています。

6畳程度は十分暖められる性能だということですが。

以前の記事で少しご紹介した「鴟(ふくろう)のねじろ」でも、レストラン外の照明に使ってました。(光源は電球)

最後はこちら。

980873 船用つり下げ式の石油ランプですね。

ホヤの形状が円筒で直線的なデザインとなっていて、そこだけは気に入っていないのですが、その他の曲線はとても美しいランプです。

代わりのホヤを探して、交換してみたいものです。

byパパ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

ランプ

ランプがとても好きです。

炎が出るものは、好きなのですが特にランプ。

それも灯油など、本当に火がつくタイプ。そしてできれば真鍮製。

今回は、いまあるランプと、欲しいランプのいくつかを紹介します。

1485895 こちらはプリムスの限定販売だったガス式のキャンドル型ランタン。

通常のキャンドル型をガス点灯にしたもので、蝋燭の味わいには負けますが、非常に使いやすく、炎自体は蝋燭のようにともすことができます。

コンパクトで、点火もしやすく一番点灯する機会(家の中で)が多いものです。

続いてこちら。

1485802 オプティマスの1200という灯油ランタンです。

ポンピング、プレヒートといった手間、そして灯油臭さ、黒い煙を我慢すれば、静かに明るい光が得られます。

家の中での点灯はあり得ません。キャンプなどに行った際に使うとしても、ちょっと手軽ではないのですが・・・。

日常に使用している場所もあると聞いています。

そして、一番欲しいランプがこちら。bh210

アラジン社のランプです。

このつり下げ型の曲線がとても美しくないでしょうか?

アメリカなどで通信販売で入手は可能なもようですが・・・。

卓上型のアラジンランプはもっていて、いい味わいですが、美しさはこの写真の商品に一歩譲ります。値段もそこそこしますので、入手は将来の夢にしておきます。

byパパ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

一番乗っているもの【自転車】

私の使っている道具、乗物の中で、一番利用しているものがこちらの自転車。

100801931 「ブリヂストン アルベルト」

 ベルトドライブ 26インチ 3スピード 定価 ¥37.590-

 なんと、空気が足りないと、色でお知らせする、「空気ミハル君付」。賢い!ertwtwww

(この写真は、ネットから借用のもので、実際はシルバーの自転車です。)

私はこの自転車をなっなんと3千円で近くの中古屋で買った。チェーンでなく、ベルト駆動の最先端のマシンがなんと3千円だったんです。すごいラッキーな買い物でした。(^o^)

この自転車の話を、なぜ今書いているかというと、先ほどトラブルがあったからだ。

先週初めに電球の球切れが発生、そこで昨日の日曜日に、わざわざ20%明るいという500円もする高価なハロゲン電球を購入し交換した。その時は特に「試し点灯」も行わなかった。

さて、本日、地下鉄の駅から家までの利用時に「そうだ、ライトライト!」と心弾ませて、発電機を倒した。

まずは無事点灯。さて、明るさだ。

「明るい?」う~ん。確かにライトの色は白い色。明るい感じはするが、「それがどうした」のレベル。

あえて高い電球にするんじゃなかったと思った次の瞬間。「真っ暗」。この間ほんの150m。

500円のハロゲン電球は、たった、たった、たったの150mで寿命を終えた・・・・。

この「ぼったくり電球め~!」。(>_<)

追伸:

ちなみに、この自転車の「後ろタイヤ」は、一日に3回パンクしたことがある。わたしも一日に2回もパンク修理をしたのは初めてで、3回目はあきらめた。(T_T)

byパパ

| | コメント (0) | トラックバック (0)